産毛の脱毛はレーザーや光では難しい

産毛(うぶげ)の脱毛は難しい

産毛(うぶげ)と一言で言っても人によってその太さや色の濃さは様々です。
一般的なレーザー脱毛(医療機関で受けられる)や光脱毛(エステサロンと受けられる)は毛の黒い色素に反応させて毛が生える毛根を熱処理する方法です。
産毛でも黒い毛ならレーザー脱毛や光脱毛でも問題なく処理ができます。

 

基準は生えているお肌の色と比べて黒いかどうかです。
産毛自体はそれなりに黒いけど、周りのお肌も近い色だった場合は効果が期待できません。
ほくろやアザなどがあって一部分が黒くなっている場合も同じで、そこから生えている毛は残念ながらレーザーや光脱毛では処理できません。
黒いお肌にレーザーや光が反応して火傷などの肌トラブルにつながりかねないので、施術をしてくれるクリニックやエステサロンのスタッフの方もそこは避けるはずです。
大きくて目立つアザなら事前に説明もされるでしょう。

 

同じ理由で白髪になっている、またはなりかけている色の薄い毛もレーザーや光脱毛では難しいです。
男性の髭(ひげ)は特にこの影響が強くなります。

 

色が薄い産毛でも確実に脱毛ができる方法としてニードル脱毛(針・電気)があります。
毛穴に1本ずつ針を刺して処理する方法で、どんな毛でも確実に1本ずつ処理できるのがメリットです。
ニードル脱毛は比較的古い脱毛方法で一般的なエステなどでも取り扱うお店は減少しています。
1本1本手作業で処理していくために時間がかかり、費用もかなり高額になります。
そしてかなりの痛みを伴う方法です。

 

これに対して最新の脱毛方法では色の薄い産毛にも効果が期待できます。
ここでは産毛に効果がある脱毛方法を2つご紹介します。

 

S.S.C.式脱毛

まずは脱毛サロン大手で採用され一般的になったS.S.C.式脱毛です。
イタリアのDEKA社が開発した方法で、安定したエネルギー供給が可能なクリプトンライトとビーンズジェルに含まれる有効成分フィリニーブの相乗効果で脱毛する方法です。
クリプトンライト自体はあまり高温にならないため「温かい」と感じる程度です。
熱による処理が難しい産毛でも、ビーンズジェルに含まれる有効成分フィリニーブの制毛効果で毛が生えないようにできるので産毛にも効果が期待できます。
もちろんお肌へのダメージも心配ありません。

 

ハイパースキン法

もう一つ色の薄い産毛にも効果が期待できるのはハイパースキン法です。
一般的なレーザーや光脱毛は主に成長期の毛に作用しますが、ハイパースキン法は休止期の毛の種に作用します。
これから生える毛のいわば種の部分に処理をして毛が生えないようにするので、毛の色は関係ないという点が画期的ですよね!
熱による肌のダメージがほとんどないので、アトピーなど敏感肌の方やお子さんでもできるというのが嬉しい限りです。
さらにハイパースキン法では毛周期に合わせて施術をする必要がないので他のエステサロンなどの2倍のスピードで脱毛ができます。

 

自分でカミソリで処理するとなると小鼻や眉間、鼻筋などのでこぼこした場所は特に難しいですよね?
シェービングサロンで処理してもらう方法もありますが、どうせなら脱毛してつるつる肌を目指したいと思いませんか?

産毛の脱毛|メリットとデメリット

産毛の脱毛はできるならつるつるになりたいと思う方は多いはず。
でも、産毛を脱毛して本当に大丈夫?

 

ここではそんな産毛の脱毛に関するメリットとデメリットをまとめてみました。

 

産毛を脱毛するメリット
お化粧の”のり”と”持ち”がよくなる

ファンデーションとお肌の密着度が高くなりますので、当然お化粧の”のり”と”持ち”がよくなります。
産毛を剃っただけでも同じ効果が実感できるので、これは皆さんご存知ですね。
また化粧水や美容液などを使った場合の浸透力もよくなります。

 

お肌がキレイに見える

細くても黒い産毛があるのと無いのでは見た目の印象は大きく変わります。
普通に産毛を剃ってもお肌は明るくなりますが、カミソリなどによるダメージで肌トラブルなど逆効果になってしまう場合もあります。
脱毛した場合はそんな肌トラブルの心配もないのでキレイなツヤ肌をゲットできます。

 

毛穴が小さくなる

これは産毛脱毛の大きなメリットです。
生えていた産毛がなくなると毛穴は自然に小さくなります。完全になくなるわけではありませんが毛穴の汚れなども気にならなくなるのは嬉しいかぎりです。
よく毛穴の汚れを勘違いされる「産毛の埋もれ毛」も脱毛することで解消できます。

 

ニキビや吹き出物ができにくくなる

皮脂や汗が産毛に付着することがなくなるのでお肌が清潔に保てます。
毛穴そのものが小さくなるのでほとんどニキビや吹き出物が出なくなります。

 

 

産毛を脱毛するデメリット
紫外線を受けやすくなる

産毛の脱毛のデメリットと言えばまずはこれです。
もともと色が薄い産毛ですが、紫外線からお肌を守ってくれるという働きがあります。
紫外線はシミやお肌の老化の原因になりますので脱毛した後は紫外線対策をより意識するとよいでしょう。

 

外気の影響を受けやすくなる

あまり大きな影響ではありませんが、産毛には急激な外気温の変化やほこりなどからもお肌を守ってくれる働きがあります。
ただし、こちらも最低限のスキンケアができていればまず問題はないレベルの話です。

 

いかがでしょうか?
産毛を脱毛するデメリットももちろんあるんですが、美意識の高い女性ならまず問題はないと思って下さい。
だって産毛の有無にかかわらず外出の際は紫外線対策はしますし、お化粧もしますよね?
むしろメリットのほうが圧倒的に多いので、顔剃り派のあなたもこの際産毛を脱毛してみてはいかがでしょうか?